読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球ゴールデンキングスを心から応援したい

沖縄の唯一のプロスポーツチームである琉球ゴールデンキングスを心から応援するブログです

2017/04/16 vs三河戦レビュー

https://pbs.twimg.com/media/C9h2VEyUQAArxc7.jpg:large

必死に食らいつくも、最後まで三河を捉えられず連敗。
  琉球 三河
  87-90
----------------
1 17-22
2 19-19
3 19-24
4 32-25
キングスのスタートは、#5マクヘンリー、#6金城、#13津山、#14岸本、#34ハミルトン
オンザコート(外国人選手の出場枠)の申請は、2-1-1-2
対する三河は、#4狩俣、#6比江島、#14金丸、#21エドワーズ、#32桜木
オンザコートは1-2-1-2
主なスタッツ
#7テリー 29点 リバウンド10
#13津山 14点
#24田代 12点
#10波多野 10点
常に三河がリードを保った状態で試合が進んでいて、いざ同点、逆転などの可能性を感じるところになると、着実に確実に三河が得点し、キングスはついに一度も三河の背中を捉えることができない感じでした。
ここぞの時に確実に得点できる所に三河の強さを感じました。
ディフェンスが売りのキングスとしては、そこで確実に止めるディフェンス力がほしかったです。
アウトサイドに偏りがちではあるものの、しっかりとシュートを決めていて
オフェンス面では特に問題はないと思います。
2試合とも90点以上の失点をしてしまったディフェンス面にこそ問題がある
と思います。
キングスの持ち味はタイトなディフェンスと走るバスケ。
その一つであるディフェンスが(まだ三河には)通用するレベルではなかった
と感じました。
 
それにしても、ここ数試合の#13津山は素晴らしいですね。
得点面で#14岸本や#31喜多川などと並んでキングスの立派な武器になっていると思います。