読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球ゴールデンキングスを心から応援したい

沖縄の唯一のプロスポーツチームである琉球ゴールデンキングスを心から応援するブログです

2017/2/22 vs名古屋戦レビュー

https://pbs.twimg.com/media/C5Re56wVYAEciih.jpg:large

*1

ブザービーターで劇劇な勝利。
  琉球 名古屋
  77-75
----------------
1 25-18
2 18-12
3 18-24
4 16-21

キングスのスタートは、#10波多野、#14岸本、#24田代、#31喜多川、#34ハミルトン
オンザコート(外国人選手の出場枠)の申請は、1-2-1-2

対する名古屋は、#6船生、#8張本、#12中東、#21笹山、#33ティルマン
オンザコートは1-2-1-2

主なスタッツ

f:id:hitoridedekiruman:20170223021103p:image
#7テリー 23点
#34ハミルトン 15点 アシスト5
#31喜多川 14点
#14岸本 10点 アシスト4

試合開始から#14岸本と#31喜多川が3Pを連続で成功し、その後もキングスがリードした展開で試合が進む。
後半に入り、流れが名古屋にかたむき、点差を詰められるが、都度得点を重ねてギリギリのところでリードを保ち、第3Qが終了。

第4Qに入っても名古屋の勢いは止まらず、#0石崎を中心とした精度の高いチームオフェンスを展開して、徐々にキングスに迫ってくる。キングスも#7テリーを中心に粘り強く得点を重ねるが、残り1分10秒で逆転されてしまう(72-73)。
続くオフェンスでは得点を奪えず名古屋のオフェンスになるが、積極的なディフェンスでダブルチームを仕掛けて名古屋からターンオーバーを奪い、残り37秒でキングスのオフェンスターンとなる。
このターンで得点できなければ負けるという状況の中で、名古屋が連続ファールを犯し残り8秒のところで、#24田代に2本のフリースローが与えられる。これを見事に2本とも成功してついに逆転(74-73)する。
その後タイムアウトを挟んで名古屋のオフェンスで試合再開し、#33ティルマンに再逆転を許す(74-75)。
残り5秒でタイムアウトもないキングスはいそいでフロントコートにボールを運ぶが、オフェンスを組み立てる時間がなく、ロングレンジから体勢を崩しながらも#34ハミルトンが3Pを放つしかなかった。が、それが見事に決まり劇的な勝利となりました(77-75)。

先週の試合に引き続き、オフェンスもディフェンスも積極性が見えてとても楽しい試合でした。
特に後半に関しては、ディフェンス面で修正が必要ですが、何よりも勝利という結果を残せたことはキングスにとって大きいと思います。これまではどこか迷いのあるプレーが多かったように思いますが、ここ数試合は思い切りのよいプレーが増えてきているように思います。少しずつ結果を残し、それによる自信が迷いのないプレーに繋がっているのかもしれません。

次節はホームで千葉戦です。
がんばれキングス!!