読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球ゴールデンキングスを心から応援したい

沖縄の唯一のプロスポーツチームである琉球ゴールデンキングスを心から応援するブログです

2017/1/21-22 vs 富山戦の見どころ

2016-17シーズン プレビュー レギュラーシーズン

Bリーグ 西地区第17節 琉球 vs 富山

現在、14勝16敗で西地区4位に位置するキングスの次節の相手は
中地区で5勝25敗で6位の富山。

富山といえば、bjリーグ最後の試合にてキングスとファイナルを戦ったチーム。
お互いにBリーグでは苦戦していますが、bjリーグ出身チームとして頑張りたいですね。

年末の秋田戦では、敵地に乗り込んでの2連勝を飾っていて、やや上り調子な感じがありますが、そこはキングスも同じ。

実力的にもキングスの方に分があると思いますので、しっかりと連勝するキングスを期待しましょう。


富山の注目選手は、以下の3人

-------------------
①No9 水戸 健史(みと たけし)
身長185cm SG

富山の顔ともいえる選手。鋭いドリブルを武器としていて、スピード勝負を得意としています。
チーム在籍年数が最も長いこともあって、富山ブースターの火付け役にもなる選手なので
勝負所では得点を許したくない選手の一人です。


-------------------
②No10 岡田 優(おかだ ゆう)
身長184cm SG

bjリーグを引っ張った日本人スコアラーの一人。
3Pを得意としていますが、ドリブルもパスもできて攻撃パターン多彩です。
ただ、今シーズンはゲームタイムを多くは与えてもらえていない様子で総得点は少ない。
しかし、時間単位でみたら同チームの城宝選手とそん色ないレベルです。


-------------------
③No31 城宝 匡史(じょうほう まさし)
身長183cm SG

富山で最も怖いスコアラーと言っていいと思います。
特に勝負所での3P。過去のキングスとの対戦において、残り1分とかで競ってる状態で
城宝にボールが渡った時の緊張感がハンパじゃなかったのが思い出されます。
気持ちが強く、勝負所ほど集中力を高めてより良いパフォーマンスをする印象があります。


今週末は恐ろしいほど寒くなる様子ですが、キングスの選手には寒さに負けず頑張ってもらいたいです。