読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球ゴールデンキングスを心から応援したい

沖縄の唯一のプロスポーツチームである琉球ゴールデンキングスを心から応援するブログです

2016/10/22,23 琉球ゴールデンキングス vs 名古屋 試合プレビュー

 

Bリーグ 第5節西地区 琉球 vs 名古屋

 

現在、5勝3敗で西地区3位につけているキングスの次節の相手は

7勝1敗で西地区1位に君臨する名古屋。

第1節で京都に敗れて以降、6連勝中で好調を維持している。。

第2節ではアウェーで三河に2連勝している点も見逃せない。

 

名古屋は外国籍選手が比較的小さいイメージだが、日本人選手は

大きい選手が揃っている。

時折、ゾーンプレスを仕掛けてくるので、キングスとしては、

ターンオーバーからの失点は避けたい。

逆にゾーンプレスを突破して楽に速攻を決めたいところ。

また、マンツーマンとゾーンプレスを切り替えながらの

ディフェンスを得意としているので、柔軟に対応したい。

 

過去の対戦成績を見ると、大阪(桶谷HC)や滋賀(遠山HC)の

ディフェンスに苦しみながらも勝利している。

 

キングスが2連勝することで、両ヘッドコーチの仇を討ってほしい。

※両ヘッドコーチは過去にキングスを率いていました。

 

名古屋の要注意プレイヤーは、以下の3人。

 

-------------------
①No8 張本 天傑(はりもと てんけつ)
身長197cm SF/PF

ローポストからの1対1で、外国籍選手が相手でも
ガンガン突っ込んでゴールを奪ってくる。
かと思えば、3Pも高確率(この時点で11/25で44%の成功率)
で決めてくる。
当然リバウンドも強い。

キングスでは、波多野や大宮がマッチアップすると思われる。
彼らのディフェンスの出来で、勝敗は大きく変わってくると予想される。
-------------------
②No12 中東 泰斗(なかひがし たいと)
身長191cm SG

中からも外からも点が取れる名古屋のエースプレイヤー。
速攻からのダンクなどでチームに流れを呼び込むプレイが多い。

キングスでは、喜多川や金城とマッチアップすると思われる。
スクリーンを利用するのが上手いため、無駄なファールをしないように
気を付けたい。

-------------------
③No21 笹山 貴哉(ささやま かずや)
身長180cm PG

名古屋の日本人の中では、最多得点をマークしている。
(8試合終了時点で107点。リーグ全体でも日本人で6位)

 

試合は、スポナビライブで観戦出来ます。

今なら1ヶ月無料キャンペーン中^_^