読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琉球ゴールデンキングスを心から応援したい

沖縄の唯一のプロスポーツチームである琉球ゴールデンキングスを心から応援するブログです

2017/4/29-30 vs 京都戦の見どころ

https://pbs.twimg.com/media/C9XRWOEUMAAtVkI.jpg:large

Bリーグ 西地区第30節 琉球 vs 京都
キングスは、26勝29敗で西地区3位となっています。
次節の相手は、24勝31敗で西地区4位の京都です。
 
過去成績はキングスが4勝2敗。
京都もまだチャンピオンシップ(CS)出場の可能性を残しており、連勝を狙ってくることでしょう。
しかし、キングスもまたCS出場に向けて負けられない試合です。
ホームゲームの歓声を背に、なんとしても連勝がほしいですね。
 
京都は、前節の名古屋戦で第1戦を勝利するも、第2戦は名古屋の気迫に押されて敗れています。敗れはしましたが、名古屋に大量リードを許さずじわりじわりと点差を縮めるシーンが何度もあり、何度かあった逆転のチャンスをものにできれいれば、結果は変わっていたのかもしれません。ちょうど先月、キングスが終盤に京都につかまり逆転された試合も似た展開で、この時はキングスのミスも重なり京都に逆転されてしまいましたね。。
終盤の粘りは脅威ですし、前節から復活した京都の#1小島選手がとても激しいディフェンスを見せていて、対戦相手として嫌なプレイヤーに感じました。試合終盤の#1小島選手には要注意です!

最後に、今シーズンの残試合は以下の通りです。
名古屋 1
大阪 2
京都 2
大阪との直接対決が残っているので自力でのCS出場はまだ残っています。
が、それも今のゲーム差をキープできれば...です。
今節、大阪は三河と対戦します。その三河ですがが、既に西地区1位でCS出場を決めているため、CSでの戦いを見据えた調整を行っているのは明らかで、大阪が2勝する可能性もあります。
(前節、三河は滋賀に1勝1敗で、負けた試合のスタメンには高橋マイケル(今期初スタメン)が含まれていました。)
 
京都戦、超重要ですね。
GO GO KINGS!

2017/4/22-23 vs 大阪戦の見どころ

https://pbs.twimg.com/media/C9nSLyKU0AAk5NG.jpg:large

Bリーグ 西地区第29節 琉球 vs 大阪
キングスは、25勝28敗で西地区3位となっています。
次節の相手は、26勝27敗で西地区2位の大阪です。
過去成績はキングスが0勝4敗。
桶谷HCは、キングスの手の内を知り尽くしているかのように、キングスとの相性はすごく悪いです。
キングスを長く率いたHCですので、キングスの選手もやりにくかったりするのかもしれません。
シーズン序盤のホームゲームで大敗したあの大阪戦を思い返すと胸に熱いものがこみ上げてきます。とても悔しかった。。。

現在2位にいる大阪との直接対決を制することができれば、2位に浮上することができますが、逆に敗北するともうCS出場のチャンスは限りなくゼロに近づきます。
ワイルドカード争いについては、千葉が37勝、渋谷が28勝となっていて、25勝のキングスが28勝の渋谷を捉えるのはかなり難しいと思います。
なので、CS出場には西地区2位の枠しかなく、そのためにはなんとしても大阪に勝たねばなりません!
今節の2試合の結果でCS出場が決まると言っても過言ではなく、その意味では、今週末はパブリックビューイングがあっても良いくらいに思います。
(やってれば、たぶん行きます)
負けられない大阪戦。スポナビから声援を送りましょう!

最後に、今シーズンの残試合は以下の通りです。
名古屋 1
大阪 4
京都 2
大阪と4つ! ここを制してCS出場決めましょう!

 

2017/04/16 vs三河戦レビュー

https://pbs.twimg.com/media/C9h2VEyUQAArxc7.jpg:large

必死に食らいつくも、最後まで三河を捉えられず連敗。
  琉球 三河
  87-90
----------------
1 17-22
2 19-19
3 19-24
4 32-25
キングスのスタートは、#5マクヘンリー、#6金城、#13津山、#14岸本、#34ハミルトン
オンザコート(外国人選手の出場枠)の申請は、2-1-1-2
対する三河は、#4狩俣、#6比江島、#14金丸、#21エドワーズ、#32桜木
オンザコートは1-2-1-2
主なスタッツ
#7テリー 29点 リバウンド10
#13津山 14点
#24田代 12点
#10波多野 10点
常に三河がリードを保った状態で試合が進んでいて、いざ同点、逆転などの可能性を感じるところになると、着実に確実に三河が得点し、キングスはついに一度も三河の背中を捉えることができない感じでした。
ここぞの時に確実に得点できる所に三河の強さを感じました。
ディフェンスが売りのキングスとしては、そこで確実に止めるディフェンス力がほしかったです。
アウトサイドに偏りがちではあるものの、しっかりとシュートを決めていて
オフェンス面では特に問題はないと思います。
2試合とも90点以上の失点をしてしまったディフェンス面にこそ問題がある
と思います。
キングスの持ち味はタイトなディフェンスと走るバスケ。
その一つであるディフェンスが(まだ三河には)通用するレベルではなかった
と感じました。
 
それにしても、ここ数試合の#13津山は素晴らしいですね。
得点面で#14岸本や#31喜多川などと並んでキングスの立派な武器になっていると思います。